公益社団法人 大分県栄養士会 ロゴマークについて

2020年、大分県栄養士会のロゴマークを制定しました。

▼ロゴマークのコンセプト

2020年8月に公募した会員等からのデザインをベースに、大分県の特産品である「カボス」と「関アジ・関サバ」をモチーフにしました。
カボスを緑色で表現し、健康おおいたの頭文字は情熱的な赤色をワンポイントに、躍動感のある魚が元気に跳ねるを表しています。

大分県は、「減塩マイナス3g」「野菜摂取350g」身体活動運動「プラス1500歩」を目標に健康寿命日本一を目指します。
大分県民の健康づくりは「栄養と食生活」から!!
大分県栄養士会の管理栄養士・栄養士が応援します。

▼ロゴのダウンロード

こちらから、ダウンロードできます。
※上記ページは会員様専用ページとなっております。
会員の方はIDとパスワード(栄養おおいた81号表紙裏に記載)を入力し、ログインしてください。

関連記事

会員様ログイン

ピックアップ記事

はじめよう!減塩

2020年より食塩摂取の目標量が新しくなりました。しかし、実際は、目標量よりも1日約3~4gも多く取っている現状にあります。 食塩の摂りす…

ページ上部へ戻る